【子の引渡しの実現】

【相談前】

ご相談者は,夫との間に長女がいました。
ですが,夫は家事や育児に協力してくれないため,徐々に夫婦の関係は疎遠になっていきました。
そして,夫婦喧嘩の末,夫が長女を連れて実家に戻ってしまいました。
ご相談者は,なんとか長女を連れ戻したいと考え,当事務所にご相談にお越しになりました。

【相談後】

当事務所でお話をうかがい,すぐに「子の引渡しを求める審判」と「審判前の保全処分」の申立を行いました。
そして,ご相談者が長女を育てる必要があることを裁判所に繰り返し訴えた結果,長女の引渡しを認める判断が下りました。
もっとも,夫側は長女を引き渡そうとしなかったため,強制執行の申立まで行い,ようやく長女の引渡しが実現しました。

【担当弁護士からのコメント】

離婚問題は,ご家族のあり方にも関連する重要な事柄です。
ご本人同士の話し合いでは解決できないこともあります。
このような場合には,まずは弁護士に相談し,どのような方法をとることが最善なのか,よく話し合って決める必要があります。
この事例では,迅速に審判等の法的手続をとることで決断できたことが,結果としてよかったのではないかと思います。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作