【離婚の成立/解決金150万円の取得】

【相談前】

夫が不倫を認めに離婚を決意した女性からの相談です。

結婚してから約1年あまりで,夫が不倫をしていたことが発覚しました。

女性は,当初は夫と離婚するかどうかも悩んでいましたが,不倫をするような夫と一緒に生活していくことはできないと判断し,離婚を決意しました。 

【相談後】

当事務所で相談を受け,これまでの婚姻生活の状況について事実関係をうかがいました。

本件では,特に夫の不倫関係を立証することができるかどうかが最大の問題となるため,この点に関する事実関係,証拠関係を中心に整理しました。

そして,整理した事実関係,証拠関係からすれば,夫の不倫を立証することができると判断し,夫に対する離婚請求とともに,夫と不貞相手に対する慰謝料請求を行うこととしました。

夫や不貞相手との間で交渉・調停を重ねることで,最終的には離婚の成立とともに,解決金150万円を取得することができました。

【担当弁護士からのコメント】

本件では,夫の不倫関係の立証が最大の問題となりました。

不倫関係を立証する証拠は,写真やメールなどが考えられますが,どの程度の証拠があれば立証に足りるといえるのかは個別の事案によって異なります。

安易に判断ができないところでもあり,非常に悩ましい問題といえます。

本件では,この立証の問題をクリアすることができたことから,ご相談者にとっても満足に行く結果を導くことができたのではないかと思います。

不貞行為に対する慰謝料請求が認められるかどうかは難しい問題ですので,同種の問題でお悩みの方はご相談いただければ幸いです。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作