協議離婚の方法

協議離婚とは

 

協議離婚とは夫婦の協議によって離婚することです。

 

夫婦が離婚することに合意し,離婚届を市役所に提出すれば,離婚が成立します。

調停離婚や裁判離婚と比べて,離婚届を提出するだけで離婚が成立することから,協議離婚は最も簡単な離婚方法と言えます。

そして,最も簡単であるだけに,時間や費用も節約して離婚することができます。

 

協議離婚のポイント

 

このように,協議離婚は他の離婚方法にはない多くのメリットがあります。

しかし,一方で簡単であるだけに,安易に離婚に応じてしまい,後々のトラブルに発展してしまうケースも多々見られます。

 

例えば,協議離婚の際には一日も早く相手と会わないようにしたいと思い,財産関係について何も決めずに離婚してしまったり,口約束で適当に財産関係を決めてしまったりするような場合があります。

このような場合,後日改めて慰謝料や財産分与,養育費について取り決めようと思っても,すでに離婚が成立してしまっているために,相手方がもう交渉に応じなくなってしまうことがあります。

このような事態を避けるためには,協議離婚の段階で,お互いにしっかりと離婚の条件を決めておく必要があります。

そして,離婚の条件を決めるにあたっては,事前に弁護士に相談することをお勧めします。

当事務所では,協議離婚,調停離婚,そして裁判離婚のメリット・デメリットを踏まえた上で,どのような条件で協議離婚をすべきかを提案することができます。

また,当事者間では話し合いができなくとも,弁護士が代理人として交渉を担当することで,相手方も話し合いに応じる場合もあります。

調停離婚や裁判離婚になれば,お互いに時間的・経済的負担が増えます。

調停離婚や裁判離婚を検討する前に,協議離婚の可能性がないか,弁護士に相談した上でご検討ください。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作