夫婦の一方が高額な贅沢品を購入したときの他方の責任

Q

私の妻は専業主婦で収入はありません。
ところが,妻は時々私に無断で私名義のクレジットカードを使い,高価な宝石や洋服などを買ってきます。
私の生活は決して裕福ではなく,これらの品物は贅沢品ばかりです。
代金請求は私宛に来ていますが,私にはこれらの代金の支払をする責任があるのでしょうか。
この場合,高価な宝石や洋服などの購入が夫婦の日常家事の範囲内の行為と言えるかどうかによって結論は異なります。
日常家事の範囲内かどうかはそれぞれのケースによって判断は異なります。日常家事の範囲外ということになった場合,次に表見代理が成立するかどうかが問題となります。
本件では,売主が,あなたの過程ではその程度の宝石や洋服を妻が買っても,夫の同意がなくとも問題になることはない,と信じたことに正当事由があることを立証しない限り,あなたに代金の支払を請求することはできません。
高価な宝石や洋服を買う行為は,一般的に客観的外形から日常家事の範囲外であると判断されていますから,このような場合,表見代理が認められることはまれであると思われます。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作