扶養的財産分与

清算的財産分与のほかに、財産分与には、離婚後における一方当事者の生計の維持を図るという目的もあります。

そこで、たとえば妻側に扶養の必要性があり、夫側に扶養の能力がある場合に、扶養的財産分与が認められることがあります。

扶養的財産分与は、以下の事情等を考慮して判断されます。

① 婚姻期間

② 責任の有無・程度

③ 夫婦の収入

④ 年齢

⑤ 子供の養育

⑥ 心身の健康状態

財産分与に関する解説はこちらをご覧ください

財産分与とは        財産分与の計算方法

財産分与の対象財産     財産分与の割合

扶養的財産分与       慰謝料的財産分与

財産分与を得るための手続 

 *⑦財産分与 に関する全体の記事はこちらをご覧ください

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作