有責者の親権者適格性

夫婦の一方が浮気をしていたなど,離婚にあたっての有責性があった場合,親権の判断に影響するかどうかという問題があります。

この点に関するご質問はよく寄せられるものの一つです。

 

この点,夫婦の問題と親権者の適格性とは別の問題であると考えられています。

裁判所は,子を養育する上で支障となる品行状況にない限り,あくまで「子の福祉」,「子の利益」に適うのはどちらであるかを,父母の事情,子の事情を総合考慮して判断します。

したがって,婚姻中に不貞行為があったという理由だけで親権者にはなれない,ということではありません。

但し,不貞相手との関係を優先するあまり,子どもを疎かにしたり,生活状況が荒れてしまったりしていることがうかがわれる場合には,親権者の適格性には疑問を抱かれることになります。

不貞行為の結果,生活状況も悪化していると思われる場合には,親権者の適格性にも影響しますので,全く影響しないわけではないことには注意しましょう。

 

親権についての解説はこちらをご覧ください

親権・監護権とは

親権・監護権の判断基準

有責者の親権者適格性

親権者・監護者指定の手続

親権者と監護者の分属

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作