熟年離婚のメリット・デメリット

熟年離婚とは、言うまでもありませんが人生の大きなターニングポイントになります。安易に感情にまかせて行うものではなく、事前にどのような変化がおこるのかしっかり検討しておく必要があります。

ここでは熟年離婚のメリット・デメリットを考えてみましょう。

 

熟年離婚を切り出すのは、多くの場合妻の側からです。

夫は自分が家族を養っているんだとして長年にわたって妻をないがしろにしてしまい、妻の側からその不満が顕在化するというケースがほとんどです。

長年自分をバカにしてきた夫に対する復讐ができる、というのが妻にとっての熟年離婚の最大のメリットでしょう。

他には嫁・姑問題や介護の不安から解放され、新しい恋愛に挑戦できるなどのメリットも大きいところです。

 

一方デメリットを考えてみますと、外聞が悪くなる、経済的に困窮し、働かなければならなくなる、生活のレベルが下がる、自分の老後について保証がなくなる、などのことが考えられます。

つまるところお金の問題がとても大きな障害として立ちはだかってきます。

これを回避する一番効果的な方法は、離婚に際して夫から受ける給付を最大限高めることです。

 

熟年離婚で受けられる給付は、①財産分与、②慰謝料請求、③年金分割などです。

これらは入念な準備が必要になりますので、専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作