親権・監護権とは

「親権者」とは,未成年の子を養育監護し,その財産を管理し,その子を代理して法律行為をする権利を有し,義務を負う者のことです。

当然ですが,親権が問題となる場面は,夫婦間の子が未成年者であるときであり,子が成年になった場合には親権は問題とはなりません。

親権の内容は,以下の2つの大きく分けることができます。

①身上監護権(養育・監護に関する権利義務)(民法820条)

②財産管理権・代理権(財産に関する権利義務)(民法824条)

離婚する際には,それまで夫婦双方にある共同親権を,いずれか一方の単独親権としなければなりません。

また,監護権については,離婚の際に夫婦のいずれか一方に指定するか,離婚前にも指定することができます。

なお,あまり多くはありませんが,親権と監護権を夫婦で別々に指定することも可能です。

離婚の争点の中心が親権にあり,お互いに一歩も譲らない場合,親権と監護権を分離するということで合意することもあります。

但し,子の福祉という観点から見た場合,果たしてそのような解決が妥当といえるかどうかは慎重に考える必要があります。

 

親権についての解説はこちらをご覧ください

親権・監護権とは

親権・監護権の判断基準

有責者の親権者適格性

親権者・監護者指定の手続

親権者と監護者の分属

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作