財産分与とは

1 財産分与とは

財産分与とは、離婚した相手に対して財産の分与を請求することを言います(民法768条1項)。
離婚するにあたり、特に気になる問題の一つが、経済的な事情です。
離婚した後の今後の生活や、これまで築いてきた財産がどうなるのか、ということが気になることは当然のことです。
財産分与は、離婚に伴う金銭面に深く関わる権利です。

2 財産分与の3つの要素

財産分与には、以下の3つの要素が含まれていると言われます。

①    夫婦が婚姻中に協力して築いた財産の清算(「清算的財産分与」)

②    離婚後の経済的に弱い側への扶養料(「扶養的財産分与」)

③    浮気等、離婚相手が原因で離婚に至った場合の慰謝料(「慰謝料的財産分与」)

財産分与で特に問題となるものは、①清算的財産分与です。

 

財産分与に関する解説はこちらをご覧ください

財産分与とは        財産分与の計算方法

財産分与の対象財産     財産分与の割合

扶養的財産分与       慰謝料的財産分与

財産分与を得るための手続 

 *⑦財産分与 に関する全体の記事はこちらをご覧ください

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作