財産分与の対象財産ー自動車

自動車も、立派な財産ですので、財産分与の対象となります。

ただ、不動産と同様、そのまま分割というわけにはいきませんので、価値を見積もり、売却するのか夫婦のどちらが引き取るのか話し合う必要があります。

 

分与の前提として、自動車の価値を算定しなければなりません。

しかし、購入から相当な期間が経過している自動車は、財産としての価値ががほとんどない場合があります。

中古業者に査定を依頼するか、同様の車種・年式の自動車の販売価格をインターネットで調べてみるなどしてみましょう。

 

一方が結婚前から保有していた自動車は、婚姻中に夫婦が共同で使用していても一方の特有財産となります。

また、夫婦で自動車を購入した場合に、一方がすでに持っていた貯金で代金を全額支払った、または実家が支払をしたなどという場合も、夫婦が共同で築き上げた財産とは言えませんので一方の特有財産となります。

一方が頭金を出すなどしていた場合、その頭金の額の割合についてはその一方の持分となります。

清算の際にその価額分を考慮して計算します。

 

自動車のローンが残っている場合、通常は自動車を使用し続ける方が残りのローンの支払いを引き受けることが多いです。

ただ、ローンの債務者を法的に変更するには金融機関の承諾が必要になります。

金融機関と話し合い新たに資力を有する者を保証人につけるなどの手続きを検討する必要があります。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作