離婚相談の特徴・こだわり

当事務所の方針

離婚問題は、これまでの婚姻生活を見直し、新しい人生を始める場面です。
そして離婚は「家族関係の精算」と「財産関係の精算」2つの精算と向き合う必要があります。
この2つの精算にあたり、離婚時には8つのポイントを決める必要があります。

① 離婚の可否
② 親権
③ 面会交流
④ 婚姻費用
⑤ 養育費
⑥ 慰謝料
⑦ 財産分与
⑧ 年金分割

これまでの婚姻生活を見直し、新しい人生をスタートさせるためには、これらの問題を適切に解決していく必要があります。いずれの問題も、その後の人生を左右する重要なポイントです。

「再生司法」 〜司法を通じてリノベーションを実現する〜

再生司法わたしたちは、この事務所理念の下、離婚問題にも取り組んでまいりました。

離婚をする際には、単にこれまでの婚姻生活を解消するだけでなく、より良い状態で新しい人生をスタートすることができるサポートをしていくことを心がけています。

離婚問題を適切に解決し、お互いがより良い人生へと再スタートしていく、そのためのサポートを、わたしたちは全力で対応していきます。

 

離婚問題への特化

メディア掲載実績画像当事務所は、特に離婚問題に傾注し、多数の離婚問題に対応できる体制を整えております。

当事務所が離婚問題に特化・傾注し、多数の離婚問題を解決してきた実績は、様々なメディアに掲載されてきたことがその証と考えております。

▶▶メディア掲載実績

 

離婚問題への執筆活動

初動対応の実務当事務所がこれまで取り組んできた離婚問題解決のノウハウは、

「若手弁護士のための初動対応の実務」
「不倫したい男、離婚したい女が読む本」

などの書籍にも整理しております。

 

 

男性弁護士・女性弁護士による対応

相談の様子当事務所は、離婚問題に悩む方のニーズにお応えできるよう、男性弁護士だけでなく、女性弁護士も所属しております。

ご相談者のニーズに合わせて対応いたしますので、お気軽にご相談いただくことが可能です。

 

プライバシーに配慮した個室相談

相談室離婚問題は、プライベートな事項が多岐にわたる問題です。
他の方に知られたくないとお悩みになることは当然といえます。

そこで、当事務所では安心してご相談できるよう、個室でのご相談ができる環境を整えております。

 

 

お子様連れでも安心のキッズスペース

キッズスペース離婚問題は、ご夫婦間だけではなく、お子様との関係も問題となります。

ご相談者の中には、お子様をお連れしてご相談されたいという方も少なくありません。
当事務所では、皆様のご要望にお応えするため、相談室内にお子様が遊ぶことができるキッズスペースをご用意しております。

お子様連れの方も、安心してご相談にお越しいただくことが可能です。

 

様々なネットワークによるサポート

離婚問題は、財産関係の精算という面もあります。

ご夫婦名義のご自宅の処分等でお悩みになることも少なくありません。
また、慰謝料や財産分与、養育費の支払金額や方法等によっては税金が問題となることもあります。

このように、離婚問題は様々な分野が複雑に関わる専門的領域の問題です。

当事務所では、離婚問題をより適切に解決することができるよう、税理士や司法書士、不動産会社など、様々な専門家と協力しながら対応できる体制を構築しております。

 

複数事務所による対応

日立写真

当事務所は、茨城県牛久市と日立市の2箇所に事務所を設置し、茨城県内全域に対応できる体制を整えております。

 

当事務所の離婚問題へのこだわり

わたしたちは、これまでに多数の離婚問題を扱ってきた実績を活かし、より多くの方が離婚をマイナスではなくプラスの場面に変えることができるサポートをしていく存在であることを志向しています。

離婚問題への取組にあたり、わたしたちは3つの行動指針を設定しています。

離婚問題3つのポイント画像

① リノベーション 「再生」

② スピード 「迅速」

③ フェアネス 「公正」

 

リノベーション 「再生」

若葉「再生」には、元どおりに回復するというだけでなく、さらにより良い状態を実現するという「リノベーション」という意味もあります。

わたしたちは、離婚は単にこれまでの婚姻生活を解消する場面だけではなく、お互いが新しい人生をスタートする、「再生」の場面であると考えています。

離婚は、お互いがこれまでの人生を見つめ直すきっかけともなります。

わたしたちは、弁護士が適切に離婚するためのサポートをすることで、当事者双方にとってより良い人生へと「再生」するための一助となることを志向しています。

 

スピード 「迅速」

迅速離婚問題は、お互いの様々な感情的対立が背景にあることも少なくありません。
感情的対立などの背景があるために、離婚問題が長期化することも珍しくないといえます。
ですが、離婚問題が長期化することは、当事者双方にとって必ずしもプラスに作用するわけではありません。

離婚問題を適正かつ迅速に解決することが、当事者双方にとってプラスとなります。

わたしたちは、当事者双方が少しでも早くより良い「再生」を実現することができるよう、離婚問題を迅速に解決することを志向しています。

 

フェアネス 「公正」

公正離婚問題は、夫婦間だけではなく、親子間にも影響する問題です。
離婚問題を一方的に解決することは、決して長期的な視点で考えた場合には適切とはいえないこともあります。

わたしたちは、当事者双方が納得した解決を実現することができるよう、公正な解決を志向します。

 

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作