面会交流とは

面会交流権とは,父又は母が子と面接し,もしくはそれ以外の方法で親子として交渉する権利をいいます。


面会交流権は,親権・監護権の一部であると考えられています。

離婚にあたっては,この面会交流権をどのように決めるかが争点となることがあります。

離婚問題が表面化する場合,夫婦関係が悪化しているために,お互いに接触することも避けたがるようになることは珍しくありません。

夫婦間で接触を避けることはやむを得ない面はありますが,問題は親子関係についてまで接触を避けることができるのか,また接触を避けることが妥当といえるのか,ということです。

夫婦が別居する場合,通常は子どもはいずれか一方の親のもとで生活することになります。

この場合,他方の親は,子どもと会うことができるかどうか,という場面で面会交流権が問題となります。

 

③面会交流に関する解説はこちらをご覧ください

面会交流とは

面会交流の方法

面会交流の判断基準

面会交流の合意に違反した場合

面会交流と間接強制

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作