解決事例

離婚協議が進まないケース

弁護士依頼前 弁護士依頼後 解決までの期間
協議離婚がすすまない 協議離婚の成立 約2ヶ月

【事案の概要】
長年にわたり,夫からの暴力に苦しめられてきた女性からのご相談でした。
ご本人では夫と話をすることができず,協議離婚を進めることは困難と思われるケースでした。
当事務所で受任し,通知書を送付して交渉を開始しました。
当事務所が代理人としてついたことで,当初予想されていたよりも交渉はスムーズに進めることができ,受任から約2ヶ月後に,協議離婚を成立させるとともに,解決金として330万円の支払合意をとりつけることができました。

離婚問題は当事者の感情がぶつかり合うため,ご本人同士では話し合いを進めることができないこともあります。
ですが,そのようなケースであっても,弁護士が代理人として就任することで,スムーズに交渉を進めることができる例も少なくありません。
まずは弁護士にご相談してみることをお勧めします。

養育費を請求したケース

弁護士依頼前 弁護士依頼後 解決までの期間
養育費 支払なし 養育費 月2万2000円の実現 約6ヶ月

【事案の概要】
元妻に対する養育費の請求を希望する男性からの相談です。
元妻とはすでに協議離婚が成立し,男性が2人の子の親権を取得していました。
男性は2人の子を養育しながら生活していましたが,元妻からは養育費等の支払は一向にありませんでした。
男性は,元妻にも母親として責任を果たしてもらいたいと思い,養育費の支払請求を希望していましたが,元妻とも連絡がとれなくなってしまいました。

当事務所で受任し,養育費請求の調停を家庭裁判所に申し立てました。
もっとも,元妻は家庭裁判所に出廷しなかったため,審判に移行しました。
審判移行後,養育費の算定にあたり元妻の収入を調べる必要がありましたが,元妻と連絡がとれないために,このままでは元妻の収入が確認できる資料(源泉徴収票や給与明細)を入手することはできませんでした。
そこで,元妻が勤務していると思われる会社宛に調査嘱託の申立を行うことで,元妻の収入を確認することができました。
このように入手した資料をもとに審判を行なった結果,上記養育費の支払請求を実現することができました。
話し合い等をしても養育費を支払ってくれない相手方に対しては,調停や審判が有効な解決方法となり得ます。
もっとも,調停や審判手続では法的知識・経験が求められます。
このような場合,弁護士に相談することで適正な解決が期待できます。

慰謝料・財産分与の請求を受けた夫のケース

弁護士依頼前 弁護士依頼後 解決までの期間
慰謝料200万円の請求を受ける
財産分与594万円の請求を受ける
慰謝料 0円に減額
財産分与 0円に減額
面会交流の実現
約4ヶ月

【事案の概要】
妻からの離婚請求を受けた男性からのご相談です。
妻側からは夫の暴言・暴力が原因であるとの離婚理由が主張されていましたが,夫側では妻の主張する離婚理由に異議がありました。
また,妻側からは慰謝料のほかに,財産分与を主張していました。

当事務所で受任し,妻側が主張する離婚理由について検討するとともに,分与の対象となる財産があるかどうかを調査しました。
これらの検討・調査結果をもとに相手方と交渉を重ねた結果,お互いに早期解決を目指すことで合意できるとともに,慰謝料・財産分与等,金銭的やりとりを一切しないことで合意に至りました。
また,夫側は子どもとの面会交流を強く希望していました。お子様の今後の成長を考える上でも,当事者の離婚後も面会交流を継続する意義はとても大きいものがあります。
そこで,相手方と交渉を重ね,面会交流の条件も合意することができました。

結果として早期解決を実現できるとともに,お子様との今後の面会交流の約束を取り付けることができ,当事者双方にとって望ましい解決を図ることができたのではないかと思われます。
離婚問題は当事者の感情がぶつかり合うため,ご本人同士では話し合いを進めることができないこともあります。
ですが,そのようなケースであっても,弁護士が代理人として就任することで,スムーズに交渉を進めることができる例も少なくありません。
まずは弁護士にご相談してみることをお勧めします。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作