ー経営者の財産分与−経営問題

離婚問題はどなたにとっても人生を左右する重大な問題です。

ですが,経営者の方にとっての離婚問題は,他の方とは決定的に異なる問題が発生します。

それは,離婚が経営問題に直結しかねないということです。

 

日本の会社は,多くが同族会社です。

配偶者が会社経営者であった場合,夫婦でそれぞれ会社の株式を保有しているケースが大半です。

 

例えば,夫婦が会社の株式をそれぞれ50%ずつ保有しているケースを考えてみてください。

夫婦でそれぞれ会社の株式を保有していると言っても,会社の経営の中心を担っているのは,多くの場合夫婦のいずれか一方です。

このようなケースで,離婚問題が発生するとどうなるでしょうか。

 

仮に,このまま夫婦がそれぞれ会社の株式を50%ずつ保有していると,離婚後も会社の経営に関与し続けることができることになります。

場合によっては,株主としての地位を利用され,会社の経営に口を出し続けられてしまい,ひいては会社の経営に支障をきたしかねません。

夫婦の離婚問題が,会社の経営問題にまで影響するおそれがあるのです。

これでは,離婚問題が解決したとしても,会社の経営問題として再燃するばかりか,他の従業員や取引先にも迷惑を及ぼしかねません。

 

そこで,離婚にあたり,株式の問題,言い換えれば会社の経営権の問題も解決する必要があるのです。

 

より詳しい相談をご希望の方は,当事務所へご連絡ください。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作