不貞慰謝料 ②慰謝料請求の相場と判例

2018-08-01

1 不倫による慰謝料請求の相場

配偶者に不倫をされてしまい、慰謝料を請求する場合、実際にはどの程度の金額を請求できるのかは、関心の強いテーマかと思います。

もっとも、慰謝料の金額は、法律で決まっているわけでもなければ、明確な基準も存在するわけでもありません。

したがって、当事者間で合意できるのであれば、原則として慰謝料の金額は自由になります。当事者間で合意できない場合は、訴訟で解決を図っていくことになりますが、おおよそ「不倫が原因で離婚に至った場合」は、100万~300万円程度、「離婚には至らなかった場合」は、50万~200万円程度が相場であると言われています。なお、個別の事情によって増減がありうることはご了承ください。

 

2 裁判ではどのような事情が考慮されるのか

当事者間で合意できず、訴訟になった場合、裁判所は、様々な事情を総合的に考慮して、慰謝料の金額を算定しています。

では、どのような事情が考慮されるのでしょうか。以下では、いくつかの判断要素を整理いたしました。

 

(1)夫婦間の事情に関するもの

① 夫婦の婚姻期間の長さ

婚姻期間が長いほど、慰謝料は金額が高くなる傾向にあります。

 

② 夫婦の間に未成年の子どもがいるかどうか

夫婦の間に未成年の子どもがいることは、慰謝料の金額を増額事情として考慮されることがあります。

 

③ 夫婦関係が円満であったかどうか

不倫(不貞行為)以前に夫婦関係が破たんしていた場合には慰謝料請求は認められません(平成8年3月26日最高裁判例)。

 

④ 不倫が夫婦関係に与えた影響

不倫(不貞行為)が直接の原因となって夫婦の別居や離婚という結果に至った場合には、別居や離婚に至らなかった場合よりも慰謝料の金額が増額されることがあります。

 

(2)不倫をした当事者間の事情

① 不倫の期間

不倫(不貞行為)があった期間が長いほど、慰謝料の金額は増える傾向にあります。

 

② 不倫の回数

不倫(不貞行為)の回数が多いほど、慰謝料の金額が増えることが多いといえます。

 

③ どちらが主導的であったか

不倫相手の方が主導的・積極的だった場合には、慰謝料を増額する事情として考慮されることもあり、逆に配偶者の方が主導的・積極的だった場合には、減額する事情として考慮されることもあります。

 

(3)不倫が発覚した後の事情

① 不倫が発覚して、やめるように言われても関係を続けていた場合

夫婦の一方から、不倫をしている配偶者に対して不倫相手との交際をやめてほしいと申入れがあったにも関わらず関係を続けているような場合には、増額の事情として考慮されることがあります。

 

② 別れるという約束を破った場合

夫婦間で、不倫をした配偶者が不倫相手とは別れると約束をしたにも関わらず約束を破った場合には、慰謝料を増額されることがあります。

 

3 実際の判例

では、実際の判例にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

(1)平成4年12月10日東京地方裁判所

関係

夫の職場の部下である不倫相手の女性に妻が慰謝料請求

状況

夫が不倫関係を主導していた。不倫解消後、夫婦関係は修復していた。不倫相手は、職場を退職するなど社会的制裁も受けている。

慰謝料

請求:500万円 認められた慰謝料額:50万円

 

(2)平成10年7月31日東京地方裁判所

関係

妻と不倫していた男性に対して夫が慰謝料請求

状況

妻はスナック勤務に勤務していた。妻は夫に対して不満があり、妻が不倫関係に積極的だった。婚姻関係は破綻気味であった。

慰謝料

請求:800万円 認められた慰謝料額:100万円

 

(3)平成28年2月25日東京地方裁判所

関係

夫と不倫関係にあった女性に妻が慰謝料請求

状況

既に夫婦関係は悪化しており、離婚届も準備はされていた。夫は妻以外の女性と不倫関係にあった。妻は、女性に対し、慰謝料1100万円を請求。完全な破綻とまではいえないものの、破綻しつつあったという状況が考慮された。

慰謝料

請求:1100万円 認められた慰謝料額:90万円

 

4 まとめ

「不倫には我慢できない」「不倫相手に慰謝料を請求したい」と思っても一人ではなかなか動きだせないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分一人で不倫相手と交渉することができるのか、精神的に辛く、自分で動く気力がないなどとお悩みの方は、お早めに弁護士にご相談することもご検討ください。

弁護士に依頼することで、不倫相手と直接交渉をすることがなくなりますので精神的な負担も軽減できますし、その後に必要となる示談書の作成や万が一訴訟になった場合の手続きもスムースに行うことができます。

当事務所は、茨城県内に複数の事務所を構えており、県内全域のみならず、県外からも離婚問題や不貞慰謝料請求のご相談・ご依頼を多数受けてきた実績があります。

離婚問題や不貞慰謝料請求のことでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作