家事をしないことを理由とする離婚の可否

【質問】

結婚するとき,妻は専業主婦になって家庭を守りたいと主張したため,妻の意思を尊重して仕事を辞めてもらい,私が仕事に専念することにしました。

ところが,結婚後,妻は専業主婦になったにも関わらず,家事は一切せず,遊び回ってばかりいます。

仕事を終えて帰ってきても,食事の用意はおろか,お風呂の用意や洗濯も何もされておらず,いつも私がしています。

初めのうちは我慢していたのですが,そのうち,これでは何のために結婚したのか分からなくなってきました。

こんな生活がいつまでも続くくらいでしたら離婚したいと思うのですが,可能でしょうか。

 

【回答】

妻が専業主婦でありながら家事を一切しない,という理由だけで離婚が認められるわけではありません。

ですが,「その他婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)に該当するかどうかを判断する上で一つの事情にはなります。

その他の事情とあわせて,婚姻関係が回復不可能な程度までに破綻しているという状況があれば,離婚請求も認められます。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作