熟年離婚特有の問題

熟年離婚とは、一般的に婚姻後20年以上経た夫婦が離婚することいいます。

2007年4月1日から年金分割の制度が改正され、近年、熟年離婚の件数が増加しています。

 

熟年離婚を考える女性の方は、皆さん突然に離婚を思い立つわけではなく、長い間心にくすぶっていた夫への不満が、夫の退職や子供の結婚などがきっかけとなって表面化し始めるという方が多いようです。

しかし、熟年離婚から先の道は決して楽なものではありません。

 

専業主婦として長く過ごされてきた方には、厳しい再就職の道を潜り抜け、経済的に自立していけるかという事が大きな問題となります。

離婚後の生活についてさまざまな視点から検討し、離婚に先立ちやれるだけの事をやっておくことが、熟年離婚の第一歩です。

 

離婚後に安心して暮らすために、最大限、財産分与、慰謝料、年金分割などの法制度を活用していきましょう。

 

当サイトでは、熟年離婚にあたって注意すべき点として、

①熟年離婚とお金

②熟年離婚と相続

③熟年離婚のメリット・デメリット

④熟年離婚の注意点・ポイント

⑤熟年離婚における専門家の選び方

について説明します。

 

よくわからない点などございましたら、お気軽に当事務所にご相談下さい。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 離婚専門サイト~長瀬総合法律事務所~ All Rights Reserved.
弁護士専門ホームページ制作